ペット葬儀セレモニー│1体1体丁寧に供養し見晴らしの良い場所に建っている霊園が人気

動物

主流の火葬方法

葬儀

ペット火葬には様々な方法がありますが、一般的だとされているのは「お引取り供養」や「一任個別火葬」と呼ばれているペット供養です。どちらも他のペット火葬方法に比べ料金が安く、一通りの供養を通せる内容となっているので、多くの方が利用しています。これらの火葬方法は、基本的にどの動物でも依頼できるようになっています。お引取り供養の流れは実にスムーズです。まず、業者にペットの亡骸を引き取ってもらいます。業者に自宅まで来てもらうことも可能です。その後、別のペット達と一緒に火葬します。火葬が済んだら、一位書に火葬をした他のペット達と一緒に埋葬します。これがお引取り供養の主な流れとなっています。一任個別火葬の場合は、業者にペットの亡骸を引き取ってもらった後個別で火葬してもらいます。お引取り供養との大きな違いはここです。その後業者のスタッフの手によって収骨が行なわれ、骨壷に収めて返骨してもらいます。この2つのペット火葬プランは国内のほとんどのペット葬儀業者が行なっているので、プラン内容や料金面などを比較しながら業者選びを図るとよいでしょう。

ペット葬儀の専門業者の中には、ペットのための合同慰霊祭を行なっているところもあります。もし息を引き取ったペットを少しでも手厚く供養したいと考えているのであれば、この合同慰霊祭を行なっているところを利用するとよいでしょう。定期的にペットの遺骨にお経とお焼香をあげられるので、亡くなったペットにとっても飼い主にとっても、大事な時間を設けることができます。もちろんペット火葬や供養一般も丁寧に手がけてくれるので、サービス面は十分信頼できます。ペット葬儀の業者を選ぶ際は、合同慰霊祭の有無をチェックしながら探してみるのも良いかもしれません。